妊娠中のノイローゼにどう対処する?

神経症は特定の状態です。それは妊婦にとっても見知らぬ人ではありません。不安障害とは、赤ちゃんが元気に産まれるかどうかへの恐怖を意味することがあります。ストレスも不安障害の原因となります。

ビデオを見る:「妊娠中の出血-原因と手順」

1. 妊娠中の不安を決定づける要因

一部の人にとって、妊娠は非常にストレスになります。この時間は、必ずしも私たちを楽しい期待で満たしてくれるわけではありません。不安が現れ、妊娠中の母親は赤ちゃんが大丈夫かどうか疑問に思います。女性は孤独を感じるとストレスも大きくなります。また、予定外の妊娠は、将来への苛立ちや恐怖の原因となる可能性があります。妊娠中は代謝全体が乱れます。ホルモンは体の中で荒れ狂っています。バランスを取るのが非常に難しい場合もあります。祝福された状態は、時には困難になります。 女性の身体には様々な変化が起こります。気分のむら、神経衰弱、強迫性障害、うつ病が現れます。強い経験は睡眠障害によって悪化します。

妊娠中の神経症を過小評価してはいけません

2. ノイローゼは妊娠にどのように影響しますか?

一時的なストレスが赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。この状態が長期間続くと、状況は少し危険になります。神経症性障害は、不安や精神的緊張を引き起こします。さらに、生理的症状が蓄積します。体はコルチゾール、カテコールアミン、エピネフリン、ノルエピネフリンを大量に生成します。これらはストレスホルモンです。神経系が興奮し、血糖値が上昇することがあります。

多くの女性が、消化器系の問題、めまい、吐き気、嘔吐、関節痛を訴えています。これらのタイプの病気は妊娠状態に起因する場合がありますが、神経症の身体症状である場合もあります。ストレスもイライラの原因になります。妊娠の神経症を過小評価してはいけません。不安が大きくなると、切迫早産や流産の原因にもなります。

妊娠中の最も一般的な9つの病気 【写真10枚】

嘔吐、吐き気、胸焼け - これらは通常、最初の数週間に女性に伴う典型的な苦情です...

ギャラリーを見る

3. 神経症は何につながりますか?

ノイローゼは他に何を引き起こす可能性がありますか?たとえば、不安な状況を緩和するための措置を講じること。時々、女性はたくさん食べたり、過剰な量のコーヒーを飲んだりします。アルコールによってストレスが軽減されることもあります。これは、胎児アルコール症候群を引き起こす可能性がある非常に危険な解決策です。妊娠中の女性の感情障害には、医師の診察が必要です。不快な状況を過小評価することはできません。

タグ:  赤ちゃん 家族 領域 - 持っています